甘く見れない身近な病気|歯科衛生士と医師が作る入れ歯で満足のいく生活をしよう

歯科衛生士と医師が作る入れ歯で満足のいく生活をしよう

歯

甘く見れない身近な病気

man and woman

原因はさまざまです

知覚過敏という言葉自体よく耳にはするものの、実際にどんな症状でなにが原因なのかを知ってる人は少ないはずです。知覚過敏は簡単にいうと、冷たいものや甘いもの、風に当たったときなどに歯に感じる一過性の痛みです。とくに虫歯や他の炎症などない場合に知覚過敏と判断されます。知覚過敏になる原因の一つには、毎日行っている歯みがきの仕方が間違っている場合です。虫歯にならないように一生懸命力を入れてごしごし磨いていると逆効果で、歯の表面の一番固いエナメル質がだんだん削られていき、神経のある象牙質がむき出しになることで、外部からの刺激が伝わって歯がしみる現象がおこります。それ以外にも、酸性の食品の取り過ぎや、歯ぎしりなどもエナメル質が傷つき知覚過敏になる原因となります。

毎日の歯みがきから見直す

予防や治療方法も色々あり、自分で実践出来る治し方と歯医者に行って行う治し方があります。自分でできる治し方としてはやはり毎日の歯みがきの見直しです。毎日行うものだからこそ丁寧に、また力を入れすぎずやさしく磨くことで、エナメル質を傷つけることを防ぎます。また、歯みがき粉を知覚過敏用に変えるのも一つの手です。知覚過敏用の歯みがき粉には硝酸カリウムという薬用成分が含まれており、その成分が歯のまわりにバリアを作ることで症状を軽減させることができます。それでもよくならない場合はやはり歯医者にかかるのが一番の方法といえます。歯医者に行ったからこそできる根本を治せる治療と、自宅で行える治し方や予防のアドバイスもしてもらえます。